スポンサー広告
冠婚葬祭研究所




Categories

Recent Comments
Archives
10月31日(日)安倍晋三総理の一日


 午前8時現在、東京・富ケ谷の私邸。朝の来客なし。
 午前8時32分、私邸発。同46分、国会着。同48分、院内大臣室へ。同51分、安全保障会議開始。
 午前8時57分、安保会議終了。
 午前9時9分から同27分まで、閣議。
 午前9時28分から同30分まで、佐田玄一郎行政改革担当相。同31分から同37分まで、甘利明経済産業相。同38分、院内大臣室を出て、同39分、国会発。同41分、官邸着。同42分、執務室へ。同10時15分から同27分まで、根本匠首相補佐官。
 午前11時10分から同28分まで、宮本雄二駐中国大使、佐々江賢一郎外務省アジア大洋州局長。同34分、執務室を出て、同35分、特別応接室へ。米・CNNテレビのインタビュー開始。
 午後0時27分、米・CNNテレビのインタビュー終了。同室を出て、同28分、執務室へ。
 午後0時32分、執務室を出て、同33分から同35分まで、閣僚懇話室前で報道各社のインタビュー。「自民党の中川政調会長が『現実の政策として核は持てないが、憲法上は持つことができると政府は言っている』と述べたが、首相はどう考えるか」に「政策上、非核3原則において核保有を放棄している。政策上、どういう判断をしているかが、実際の政治行政において重要である」。同36分、首相会議室へ。同1時6分、執務室へ。
 午後1時26分から同2時7分まで、中川秀直自民党幹事長。
 午後2時37分、執務室を出て、同38分、特別応接室へ。英紙フィナンシャル・タイムズのインタビュー開始。
 午後3時5分、英紙フィナンシャル・タイムズのインタビュー終了。特別応接室を出て、同6分、執務室へ。
 午後3時10分から同35分まで、玉沢徳一郎元防衛庁長官。
 午後4時10分、執務室を出て、同11分、小ホールへ。同13分、赤道ギニアのヌゲマ大統領との首脳会談開始。
 午後4時50分、首脳会談終了。同ホールを出て、同52分、執務室へ。
 午後5時5分から同20分まで、浅野勝人外務副大臣。
 午後5時32分、執務室を出て、同33分から同6時17分まで、大会議室で男女共同参画会議。同18分、執務室へ。
 午後6時40分、執務室を出て、同42分から同45分まで、閣僚懇話室前で報道各社のインタビュー。「憲法9条が国際貢献の足かせになっていると考えるか」に「それについてどう考えていくべきかということについては昨年党として改正案を出していますので、それがすべてです」。同46分、官邸発。同7時1分、東京・銀座のホテル西洋銀座着。同ホテル内で渡辺恒雄読売新聞グループ本社会長、氏家斉一郎日本テレビ取締役会議長と会食。
 午後9時2分、同ホテル発。同19分、私邸着。「北朝鮮が6者協議に復帰することになったが」に「それは、コメントを出すことになると思います」。
 11月1日午前0時現在、私邸。来客なし。
(時事通信)
安倍晋三総理の一日 | comments(0) | trackbacks(0)