スポンサー広告
冠婚葬祭研究所




Categories

Recent Comments
Archives
Dr.コトー診療所2006 第6話あらすじ

 原剛洋富岡涼)は、父・剛利時任三郎)の経済的な負担を考え、学校を辞めることを考えているとコトーこと五島健助吉岡秀隆)に打ち明けた。ところが西山茉莉子大塚寧々)、安藤重雄泉谷しげる)らの心配をよそに、剛利は仕事場に戻ってしまう。星野正一小林薫)は、進学する子供たちのために新しい制度を作ることができないかと奔走。重雄も珍しく何かを考え込む。

 一方、剛洋の親友・山下邦夫春山幹介)は、漁師の仕事に憧れているが、両親から船に乗ることを許されず、なにかと剛洋と比べられてクサっていた。そんなとき、邦夫は煙草を吸っていたことを両親に知られてしまう。問い詰められた邦夫は、煙草は剛洋が東京から持ってきたと嘘をつく。

 自己嫌悪で落ち込む邦夫を励ます茉莉子。すると突然邦夫が腹痛を訴えて倒れた。邦夫を診察し腸閉塞と診断したコトーは、仲依ミナ蒼井優)、和田一範筧利夫)とともに緊急手術を始め…。
Dr.コトー診療所ニュース | - | -