スポンサー広告
冠婚葬祭研究所




Categories

Recent Comments
Archives
倖田來未 プロフィール チェック!

倖田來未についてもチェックしてみました!

-----------

倖田 來未(こうだ くみ、本名・神田 來未子(こうだ くみこ)、1982年11月13日 - )は、日本の女性歌手。長崎県平戸市生まれ、京都市伏見区育ち。エイベックス・rhythmzone所属。身長154cm。



歌手のmisono(元・day after tomorrow)は実妹である。





2000年 デビュー

ドリカムに憧れ芸能界入りを志す。1999年、京都精華女子高等学校在学中にテレビ東京で放送していたオーディション番組「ASAYAN」内「モーニング娘。追加メンバーオーディション」において、後藤真希とその座を争ったが、先行して行われていたエイベックス(エイベックスエンタテインメント)主催のオーディション「avex dream 2000」にて準グランプリを受賞。これにより同社でレッスンやトレーニングを無償受講できる権利、同社との専属契約権を獲得した。



2000年12月6日、エイベックスのrhythm zoneレーベルよりデビュー決定。先にアメリカで「KODA」名義でデビューし、1枚目のシングル『TAKE BACK』は全米で先駆けて発売。全米ビルボードダンスポップセールスチャートで初登場19位、最高18位を記録。更に2枚目のシングル『Trust Your Love』がビルボード総合セールスチャート初登場39位にランクイン、日本人のチャートインとしては7人目で、またダンスポップセールスチャートでは初登場1位を獲得した。





2000年-2002年 下積み・ヒットの出ない時代

華々しく「凱旋デビュー」を飾る予定だったが、その目論見は外れ、オリコンチャートでは『TAKE BACK』が初登場59位、『Trust Your Love』が初登場18位でスマッシュヒットという結果に終わった。さらに続く3枚目のシングル『COLOR OF SOUL』、4枚目のシングル『So Into You』でも、高い歌唱力と定評のあるダンス力で着実にファンを増やすものの、ヒットとはならなかった。当時は音楽番組に出演しない路線をとり、専らクラブなどで歌っていた。本人はその時を振り返り「辛かったけど夜中3時ごろに歌ったりして、声帯が強くなったり度胸が据わったりした。下積み時代に感謝している」と述べている。





2003年-2004年 ヒットによる浮き沈み

そんな彼女に転機が訪れた。2003年にスクウェアソフト(現スクウェアエニックス)から発売された大作ゲームソフト「ファイナルファンタジーX-2」のテーマ曲で7枚目のシングル『real Emotion/1000の言葉』がオリコンチャート初登場3位で累計23万枚のヒットで知名が急上昇。しかしその後の8枚目のシングル『COME WITH ME』や9枚目のシングル『Gentle Words』はセールスには余り恵まれなかった。元来太りやすい体質であったが、当時の彼氏の励ましもあり8kgのダイエットに成功したのはこの頃で、現在の「エロカッコいい」とマスコミから呼ばれる彼女のスタイルが確立されたのは、10枚目のシングル『Crazy 4 U』(TVアニメギルガメッシュ主題歌、avex mode)の頃。この頃から、クリスティーナ・アギレラなどの海外アーティストから大きな影響を受けるようになり、露出度の高い服装やPVなどがマスコミによって大きく話題にされた。



そして2004年、本人も友情出演した映画「キューティーハニー」の主題歌「キューティーハニー」を収録した11枚目のシングル『LOVE & HONEY』が久々のオリコンチャート初登場4位を記録。13枚目のシングル『奇跡』(NHK2004〜2006年サッカー中継テーマソング)もTOP10入りを果たし、徐々にマスコミによって大きく取り扱われるようになっていった。しかし、この頃から初期の正統派路線が失われたことを嘆くファンも多く、コンサートでコンドームを客に投げつけるといった日本ではやりすぎの演出も指摘されている。





2004年-2005年 ブレイク、BEST〜first things〜

2004年の末頃から人気音楽番組に出演するようになり、4枚目のアルバム『secret』がオリコンチャート初登場3位、累計50万枚のスマッシュヒット。ライブやPVではバストや美脚を強調した露出度が高い服装や、バニーガール、女教師などのコスプレを披露し、その独特のスタイルが「エロカッコイイ」「エロかわいい」「エロカッコかわいい」と形容される。



2005年になって16枚目のシングル『Butterfly』が初登場2位と自己最高記録を更新。その勢いに乗り5年間の集大成となるベストアルバム『BEST〜first things〜』を発売。倖田は総合的に人を楽しませるエンターテイナーを目指しており、ベストアルバムの発売時に「ベストアルバムがミリオンセラーしたら、クラブのママをやります」と宣言した。ベストアルバムの純売り上げ枚数はミリオンを記録、1日限定で銀座に「club 倖田」を開店。セールスは更に伸び続け累計は140万枚を記録した。この頃から、浜崎あゆみと肩を並べるエイベックスの稼ぎ頭となる。





2005年-2006年 12週連続リリース、BEST〜second session〜

そんな中、彼女が取り組んだのが、同年12月7日から2006年2月22日まで、原則として毎週水曜日ごとに12週連続で新作シングルをリリースする世界初の試み"12週連続シングルリリース"である。第一弾シングル『you』は、自身初のオリコンチャート初登場1位(初動7.2万枚)を記録。続く『Birthday Eve』(5万枚限定生産)『D.D.D. feat. SOULHEAD』(5万枚限定生産)も好セールスを記録した。



同年12月31日、「Butterfly」で第47回日本レコード大賞を受賞、NHK紅白歌合戦にも初出場。しかしレコード大賞受賞には、レコード大賞が掲げる『大衆に影響を与えた楽曲』という条件を満たしていないのではないか(「Butterfly」は最高2位・年間85位)という指摘があり、本人もレコード大賞終了後に「今年は露出で注目されたけど、来年はもっと音楽で注目されたい」と発言している。



2006年も年明け早々オリコンチャートで3楽曲同時Top10入りという2003年のB'z以来、そして女性アーティストでは初の快挙を成し遂げた。同年3月8日に12週連続発売シングルを全て収録した(但し「Boys♥Girls」、「Sweet Kiss」は未収録)ベストアルバム『BEST〜second session〜』を発売する。





2006年- Black Cherryの発売、そして現状

その後も『恋のつぼみ』『4 hot wave』などタイアップ色の強いCDリリースや初の写真集「MAROC」の発売、そして12月には5枚目のオリジナルアルバム『Black Cherry』を発売。勝負作として150万枚を初回出荷したこの作品は、初動売上枚数50.2万枚(オリコン)を記録した。これは、2006年発売の女性アーティストのオリジナル盤としては最高となっている。



同年12月16日には第39回日本有線大賞、12月30日には、日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞。2005年に続いてのレコード大賞V2は達成できなかったものの、2005年は衣装などで注目されたが2006年は「歌唱」の分野での受賞なため、倖田は受賞時にその旨語り涙して喜んだ。



ただし、初期のファンは既に離れつつあり、リリースラッシュによる楽曲そのものの低下や過剰なエロ路線への方向転換により、「決して売れないけれども作りこまれた音楽」であった最初期を好むものは既に現在の体制に対しては厳しい意見を述べるものも多い。こういったブレイク前のファンとブレイク後のファンとの間で見解に食い違いが生じているのが現状である。また、ベストアルバムのようなアルバムをほぼ半年に1回という驚異的なペースでリリースし続けたことから、音楽ファンからは「商業主義的」として忌み嫌われる傾向もある。





作品



ディスコグラフィー



シングル

TAKE BACK (2000年12月6日)

Trust Your Love (2001年5月3日)

COLOR OF SOUL (2001年10月3日 作詞 渡辺なつみ/作曲 渡辺未来/編曲 h-wonder 累計:12,780枚)

日本テレビ系「AX MUSIC FACTORY 」AX POWER PLAY#050(OPテーマ)

So Into You (2002年3月13日 作詞 倖田來未/作曲 安部恭弘/編曲 h-wonder 累計:5,800枚)

TBS系「ランク王国」OPテーマ、日本テレビ系「TOKYO CLUB GANG」EDテーマ、テレビ東京系「JAPAN COUNT DOWN」EDテーマ

love across the ocean (2002年7月24日)

※ この作品以降、CCCD仕様。

m・a・z・e (2002年12月11日)

real Emotion/1000の言葉 (2003年3月5日)

COME WITH ME (2003年8月27日 作詞 倖田來未/作曲 h-wonder/編曲 h-wonder 累計:41,370枚)

チョーヤ「梅ゼリー」CMソング

Gentle Words (2003年12月10日 作詞 倖田來未/作曲 D・A・I/編曲 h-wonder 累計:27,164枚)

佐藤製薬「ストナ」2003年CMソング

Crazy 4 U (2004年1月15日 作詞 渡辺未来/作曲 渡辺未来/編曲 渡辺未来 累計:28,272枚)

フジテレビ系アニメ「ギルガメッシュ」OPテーマ

LOVE&HONEY (2004年5月26日 作詞 クロードQ/作曲 渡辺岳夫/編曲 h-wonder 累計:150,634枚) ※CD、CD+DVDの2形態

全国松竹東急系公開映画「キューティーハニー」主題歌

Chase (2004年7月28日 作詞 倖田來未・原一博/作曲 原一博/編曲 h-wonder 累計:21,690枚)

テレビ朝日系「さまぁ〜ずと優香の怪しい××貸しちゃうのかよ!!」EDテーマ

奇跡 (2004年9月8日 作詞 倖田來未・森元康介/作曲 森元康介/編曲 西川レオ 累計:60,033枚) ※CD、CD+DVDの2形態

「奇跡」:NHK Jリーグ中継テーマソング

「LOVE HOLIC」:毎日放送・TBS系「世界バリバリ☆バリュー」EDテーマ

hands (2005年1月19日 作詞 倖田來未/作曲 大西克巳/編曲 h-wonder 累計:45,292枚) ※CD、CD+DVDの2形態

「hands」:テレビ朝日系「内村プロデュース」EDテーマ

「Through the sky」:日本テレビ系「THE・サンデー」EDテーマ

※ この作品以降、製品盤はCCCD解除。

Hot Stuff feat. KM-MARKIT (2005年4月13日 作詞 倖田來未・KM-MARKIT/作曲 今井大介(Daisuke "D.I" Imai)/編曲 今井大介 累計:28,803枚) ※3万枚限定・DVD付

Butterfly (2005年6月22日) ※CD、CD+DVDの2形態

flower (2005年8月10日)

Promise/Star (2005年9月7日) ※CD、CD+DVDの2形態

you (2005年12月7日)

Birthday Eve (2005年12月14日) ※5万枚限定

D.D.D. feat. SOULHEAD (2005年12月21日) ※5万枚限定

Shake It Up (2005年12月28日) ※5万枚限定

Lies (2006年1月4日) ※5万枚限定

feel (2006年1月11日) ※5万枚限定

Candy feat. Mr.Blistah (2006年1月18日)※5万枚限定

No Regret (2006年1月25日)

今すぐ欲しい (2006年2月1日) ※5万枚限定

KAMEN feat. 石井竜也 (2006年2月8日) ※5万枚限定

WIND(2006年2月15日) ※5万枚限定

Someday/Boys♥Girls (2006年2月22日)

恋のつぼみ (2006年5月24日) ※CD、CD+DVDの2形態

4 hot wave (2006年7月26日) ※CD、CD+DVDの2形態

夢のうた/ふたりで… (2006年10月18日) ※CD、CD+DVDの2形態

Cherry Girl/運命 (2006年12月6日) ※CD、CD+DVDの2形態

BUT/愛証 (2007年3月14日)



アルバム



オリジナルアルバム

affection (2002年3月27日 累計:91,360枚)

M-8「My Dream」:佐藤製薬「ストナリニ」CMソング

grow into one (2003年3月19日)

feel my mind (2004年2月18日)

※ この作品以降、製品盤はCCCD解除。

secret (2005年2月9日) ※CD、CD+DVDの2形態

Black Cherry (2006年12月20日) ※CD・CD+DVD・CD+DVD2枚組の3形態



企画盤

BEST〜first things〜 (2005年9月21日) ※CD2枚組・CD2枚組+DVDの2形態

BEST〜second session〜 (2006年3月8日) ※CD・CD+DVD・CD+DVD2枚組(限定盤)の3形態

BEST〜BOUNCE & LOVERS〜 (2007年3月14日) ※CD+DVDの1形態



DVD-Video

7SPIRITS (2003年3月19日 累計:35,439枚)

feel... (2004年3月24日 累計:32,591枚)

girls〜Selfish〜 (2004年11月25日 累計:31,210) ※ DVDシングル仕様

「Selfish」:第20回東日本女子駅伝テーマソング

「24」:日本テレビ系「サンクチュアリ/大人の聖域」テーマソング

secret〜FIRST CLASS LIMITED LIVE〜(2005年9月21日 累計:230,133枚)

LIVE TOUR 2005〜first things〜deluxe edition〜(2006年9月13日)

KODA KUMI LIVE TOUR 2006〜2007 〜second session〜(2007年3月28日)



ダウンロード

Get It On



参加作品

the meaning of peace(KODA KUMI & BoA) (2001年、作詞・作曲・編曲: 小室哲哉、 累計:66,840枚)

99% Radio Show(オムニバス)(M-02. Be Mine(99% Radio Allstars)、M-08.Every-After-Party(RATHER UNIQUE feat. 倖田來未)に参加のほか、既発曲2曲収録)(2003年)

(Be Mine feat. 99% Radio AllstarsはEXILEの3rdアルバム『EXILE ENTERTAINMENT』にも収録)

SWITCH feat.倖田來未 & Heartsdales(LISA)』 (2004年)

SOUL TREE〜a musical tribute to toshinobu kubota』(M-11.夢 with You、久保田利伸のカヴァー。)(2004年)

80デイズ オリジナル・サウンドトラック(M-01.It's a small World(倖田來未&Heartsdales)) (2004年)

エピソード1(DJ YUTAKA)(M-4.BELIEVE(feat.倖田來未) (2004年)

VIVID(KM-MARKIT)(M-13.Rainy Day(feat.倖田來未))(CDエクストラRainy Day PV) (2005年)

Just Go feat.KODA KUMI(JHETT a.k.a.YAKKO FOR AQUARIUS) (2005年)

DAIS presents 573 original compilation KONAMI HANABI(オムニバス)(M-03.Super Sonic(倖田來未&今井大介) (2005年)

Lif-e-Motions(TRF、Disc2 M-10『JOY -meets Koda Kumi-』) (2006年)

XXX feat.倖田來未(SOULHEAD) (2006年)

Pop Up! SMAP(SMAP、Disc2 M-05『Everybody』(香取慎吾ソロ曲)) (2006年)

SPESHOW(羅志祥、M-06『Twinkle feat. KUMI KODA』)(2006年)

WON'T BE LONG(EXILE & 倖田來未) (2006年)



書籍

倖田來未写真集「Maroc」 (2006年7月25日)

(撮影は写真家のレスリー・キーによる)

倖田式 (2006年12月28日)



受賞・記録



音楽賞

2004年 「LOVE & HONEY」にて第37回日本有線大賞 新人賞受賞

2005年 「Butterfly」にてオリコンチャート BEST ARTIST 2005,第47回日本レコード大賞大賞受賞

2006年

「Butterfly」にて第20回日本ゴールドディスク大賞 邦楽部門アーティスト・オブ・ザ・イヤー受賞

「D.D.D. feat. SOULHEAD」にてSPACE SHOWER Music Video Awards 06 BEST COLLABORATION VIDEO受賞

ベストヒット歌謡祭2006 ポップスグランプリ

第39回日本有線大賞受賞

第48回日本レコード大賞最優秀歌唱賞受賞



その他の受賞

ベストジーニスト2006

ネイルクイーンオブ・ザ・イヤー2006「アーティスト部門賞」

2006年DIMEトレンド大賞「話題の人物賞」

2006ユーキャン新語・流行語大賞トップ10(エロカッコイイ(エロカワイイ))

日本ジュエリーベストドレッサー賞2007「20代部門賞」



記録

オリコンチャート 音楽DVD1位獲得週 歴代1位(secret 〜FIRST LIMITED LIVE〜)/通算7週1位

オリコンチャート 女性アーティスト史上初 異なる3楽曲の同時TOP10入り(Shake It Up, Lies, you)

オリコンチャート 2005年CDトータルセールス 女性アーティスト1位



出演



映画

キューティーハニー(2004年、ワーナー・ブラザース映画) ディーバ役(カメオ出演) 「The theme of Sister Jill」を歌唱



ゲーム

ファイナルファンタジーX-2(2003年、スクウェア) レン 役(声優、モーションアクター)



CM

☆は本人出演。



GC55.jp(2005年、ジェムケリー CM初出演。タイアップ「you」。)☆

ダイエットコカコーラ(2006年)☆

資生堂(2006年、「I'll be there」タイアップ、成宮寛貴が出演。)

東芝携帯電話Vodafone705T(2006年、「人魚姫」タイアップ。)☆

オリコカードKoda Kumi MasterCard編(2006年、「JUICY」タイアップ。)☆

森永製菓ウィダー プロテインバー(2006年、関東地区のみ放映。)☆

東芝携帯電話SoftBank811T(2006年、「Cherry Girl」タイアップ。)☆

コーセーヴィセ ☆



TV

COUNT DOWN TV(TBS)

うたばん(TBS)

日本レコード大賞(TBS)

月光音楽団(TBS)

倖田來未 secret 〜FIRST CLASS LIMITED LIVE〜(TBSチャンネル)

速報!歌の大辞テン(日本テレビ)

音楽戦士 MUSIC FIGHTER(日本テレビ)

アンテナ22(日本テレビ)

明石家さんまのHappy X'mas SHOW'04 (日本テレビ)

ベストヒット歌謡祭(日本テレビ)

歌笑HOTヒット10(日本テレビ)

HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP(フジテレビ、BSフジ)

SMAP×SMAP(フジテレビ)

MUSIC FAIR21(フジテレビ)

魁!音楽番付(フジテレビ)

FNS歌謡祭(フジテレビ)

ブスの瞳に恋してる11話(タイアップによる顔見世興行)。(フジテレビ)

ミュージックステーション(テレビ朝日)

倖田來未&BoAとしてテレビ初出演。

リリー・フランキーの東京ビート(テレビ朝日)

ポップジャム(NHK総合、デジタル総合、BS-hi)

NHK紅白歌合戦(NHK総合、デジタル総合、BS-2、BS-hi)

channel a(tvk) ほか

森田一義アワー 笑っていいとも!(フジテレビ) - 「テレフォンショッキング」のコーナーに2005年は鈴木亜美の紹介で2006年は森山直太朗の紹介で出演。



豆知識

3歳頃より、尺八を教えていた祖父と琴を教えていた母親の勧めで、日本舞踊の演者として初舞台を踏んでいる。

プロ野球・阪神タイガースの赤松真人外野手は藤森中学校時代の同級生。

とんねるずの大ファン。元々母親がとんねるずのファンだったことに影響されたという。「うたばん」(TBS)に出演するといつも石橋貴明と、「とんねるずのみなさんのおかげです」(フジテレビ)の懐かしのギャグで盛り上がるほどである。また「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ)内の「新・食わず嫌い王決定戦」に出演し石田純一と対決した際には「10年間イメトレを重ねてきました」とも発言している(が、結果は「ゴルゴンゾーラのピザ」を一発で石田に当てられ敗北。罰ゲームとして「キューティーハニー」をア・カペラで歌わされた)。

敬愛しているアーティストはDREAMS COME TRUEと岡本真夜。歌手を目指すきっかけは中学時代にDREAMS COME TRUEのライブを見たことで、エイベックスのオーディションで歌った曲は岡本真夜の「Alone」だという。

2005年のNHK紅白歌合戦のリハーサルでは、ノーブラ衣装でのステージを宣言したが、むしろ紅白歌合戦に先立つ日本レコード大賞ステージでの衣装がマスコミから大きく注目を集めた。豊満な胸を強調するファッションは衝撃的としてマスコミから報道された。

2005年12月から12週間連続でシングルをリリースしているが、5万枚限定リリースである9枚は発売前から予約が殺到し、500円だったシングルがオークションで価格の数十倍にまで膨れ上がるなど、入手困難な状態になっていた。

12週連続リリース作品の全ての裏ジャケットを並べると1つの絵が出来上がるようになっている。また背帯にも、リリース順に並べてもひとつの絵が出来上がる。

ミュージックステーションスーパーライブにパンツをはかずに出演した事がある。

PVやCDジャケットでは、クリスティーナ・アギレラを中心にビヨンセ、ブリトニー・スピアーズなど海外アーティストの作品の衣装や構図を模倣しているともいわれることもある。またクリスティーナ・アギレラのステージ衣装のカラーデザインを変えたものを着ているときもあった。倖田自身は「アギ(クリスティーナ・アギレラ)のような強い女性に憧れる」「私も少しアメリカで売れたから、PVも恥ずかしいことはしたくない。海外を意識している」と偶然の一致ではないとする発言をしている。

「今までテレビとかで表に出ないでここまで売れた自分を誉めたい」、「昔あこがれてた歌手はいましたけど、自分の中で越せた感があるので、今は海外のアーティストに注目しています」、「ヒップホップなのかポップスなのか分からない、中途半端なのが最近多いじゃないですか?そういうの気持ち悪いから、私は自分で確立したバリバリのエロポップですよ!」、「日本で歌って踊れる歌手っていないじゃないですか?私が先陣きっていけたらいいなと思って」といった多くの矛盾やビッグマウスっぷりは有名である。

DJ OZMAのホームパーティーで森山直太朗・神奈月と知り合いになった。

テレビ欄では「倖田来未」である。(來は常用漢字外。)





ほわーーーーーーーーっ。

一気に駆け上がってるね〜〜〜〜〜〜〜

これからもチェックチェック!見る見る
倖田來未 | - | -