スポンサー広告
冠婚葬祭研究所




Categories

Recent Comments
Archives
大助 退院 「花子にほれ直した」

大助退院「花子にほれ直した」

(日刊スポーツより)

 脳出血のため大阪市内の病院に入院していた夫婦漫才師の宮川大助(56)が6日、約1カ月ぶりに退院した。妻の宮川花子(51)や長女で漫才師の宮川さゆみ(28)ら弟子に付き添われて退院した大助は、言葉もはっきりしており、元気そうな表情。所属する吉本興業を通じ「今から団塊の男の長い春休みに入ります。頂いた春休みの後は満開の笑顔をプレゼントしたいです」とコメントした。入院中は、花子が献身的に看病したといい「妻にほれ直しました。ただ今、花子と新しい第2の新婚生活に突入にアツアツです」とのろけた。

 また、花子も「夫婦漫才が復活するまでは舞台では1人で寂しいですが、家に帰れば夫がいるので本当にうれしい」と最愛の夫の退院を喜んだ。

 大助は2月5日、テレビ番組で演じるダンスのけいこを終えた後、手足のしびれや目まいを訴え、脳内出血が判明したため緊急入院した。その後、投薬治療を行い、2月下旬以降は何度か一時帰宅するなど、順調な回復を見せていた。今後は1〜2カ月間、自宅休養と通院によるリハビリを経て、経過を見ながら復帰時期を決めるという。





いいふうふだね〜〜
宮川大助 | - | -