スポンサー広告
冠婚葬祭研究所




Categories

Recent Comments
Archives
浅野忠信 プロフィール チェック!

映画の話題で登場して気になったのでチェック!見る



-----------

浅野 忠信(あさの ただのぶ、1973年11月27日 - )は、日本の俳優。本名、佐藤 忠信(さとう ただのぶ)。



神奈川県横浜市出身。神奈川県立磯子高等学校出身。祖父はネイティブ・アメリカン(インディアン)。1995年、歌手のCHARAと結婚。



テレビドラマ『3年B組金八先生III』(TBS系)でデビュー。 中学生だった忠信は俳優業を続ける気は全く無く、映画『バタアシ金魚』を最後に止めるつもりだった(この作品のオーディションの時、他のオーディションを受けにきた人たちを見て「こいつらは間抜けだ!」と思っていたそうである)。結果的に本職の俳優になったのは、映画好きの父親に半ば強制された為であり、基本的に映画にしか出演しないのは、忠信本人が出した俳優になる最低条件であり、同時に父親への抵抗でもあった。



例外的なTVドラマ出演としては『私立探偵 濱マイク』第10話「1分間700円」、『ウルトラマンティガ』第40話「夢」など。 また初期にはNHKドラマ『春の一族』(1993年)で引きこもりがちなバイク少年を好演した。



『バタアシ金魚』で銀幕デビューした後、無名の若手監督の映画に多数出演。インディーズ系の俳優として注目される。彼らが名を広めると共に浅野自身も評価を高めて行った。1990年代後半以降、日本映画が国際映画祭に挑戦し始めると共に、常連となっていき、国際的にも注目された。外国からのオファーもあり、『wkw/tk/1996@7'55"hk.net』でウォン・カーウァイ監督と、『孔雀』ではクリストファー・ドイル監督と『珈琲時光』ではホウ・シャオシェン監督と組む。2003年タイ、日本その他合作映画『地球で最後のふたり』(ペンエーグ・ラッタナルアーン監督)でヴェネチア国際映画祭コントロコレンテ部門主演男優賞受賞。



役柄としてはアナーキーなキャラクターや、「普通の人」から物語の突如として「キレる」キャラを得意とする。



2004年、初監督作品『トーリ』がDVDで発表された。



幼少期は空手を習っていた。またその頃まで髪の毛は金髪に近い色をしていた。



映画

青春デンデケデケデケ

あいつ(1991年)

幻の光

PiCNiC

Helpless

FOCUS

鮫肌男と桃尻女

御法度

五条霊戦記

party7

ELECTRIC DRAGON 80000V

ラブ&ポップ(1998年)

D坂の殺人事件(1998年)

ディスタンス

孔雀

地雷を踏んだらサヨウナラ

風花

殺し屋1

水の女

アカルイミライ

座頭市(2003年)

SURVIVE STYLE5+(2004年)

地球で最後のふたり

茶の味

ヴィタール(2004年)

埋もれ木

珈琲時光

父と暮せば

乱歩地獄

誰がために

東京ゾンビ

エリ・エリ・レマ・サバクタニ

花よりもなほ

ナイスの森 〜The First Contact〜



バラエティ

人志松本のすべらない話(フジテレビ) - ゲスト



CM

KDDI 誰?篇(2002年) - 中嶌聡と共演





----------------

なるほど、映画で活躍に期待だね!
浅野忠信 | - | -