スポンサー広告
冠婚葬祭研究所




Categories

Recent Comments
Archives
浜崎あゆみ プロフィール チェック!

大物浜崎あゆみ、ニュースになってて気になったのでチェック!見る



-----

浜崎 あゆみ(はまさき あゆみ、本名:濱崎 歩(読みは同じ)、1978年(昭和53年)10月2日 - )は日本の女性歌手である。福岡県福岡市出身。堀越高等学校中退。



愛称は「あゆ」。英語表記は「ayumi hamasaki」。芸能事務所・所属レコード会社はエイベックス・エンタテインメント。血液型はA型。日本を代表する女性ポップス歌手のひとりである。



来歴



〜1997年 モデルから女優へ

10代前半から地元福岡のモデル事務所に所属、当時は「浜崎くるみ」の芸名で福岡中央銀行のポスタ−やその他地元商業広告に登場。その後、東京の大手芸能プロダクションサンミュージックにスカウトされ(現在も都営地下鉄浅草線浅草駅のプラットホームにあるタレントスクールの広告に「浜崎くるみ」名で顔写真が出ている)、テレビドラマ『ツインズ教師』で女優としてデビュー(この作品の後、芸名を「浜?あゆみ[『崎』の異体字『?』]」に改名)、1992年-1997年頃までテレビドラマや映画に出演していた(他のテレビドラマは『未成年』、『同居人カップルの推理旅行』、『闇のパープル・アイ』、著名な映画としては『すももももも』、『渚のシンドバッド』、『学校II』がある)。声優の経験もあり、アニメ『バトルスピリッツ 龍虎の拳』でユリ・サカザキの役を演じた(しかし現在発売中のDVDでは権利等の問題からか浜崎の声は別の声優のものと差し替えられている。なおアニメの原作となったゲームの続編『龍虎の拳2』の実写CMでもユリ役を演じている)。





1998年〜2000年 歌手デビュー、女子高生のカリスマへ

1998年4月8日にシングル『poker face』でデビュー、オリコン最高位20位を記録し、同年8月3rdシングル『Trust』ではオリコンチャート初TOP10入りを果たす。化粧品会社、製菓メーカーのCMタイアップなどで注目度が上がり、1999年1月1日発売の1stアルバム『A Song for ××』でオリコンチャート1位を初獲得。約150万枚を売り上げた。表題曲「A Song for ××」をはじめ、自作の歌詞が当時の女子中高生を中心に大きな支持を受ける。



同年4月7thシングル『LOVE 〜Destiny〜 / LOVE 〜since1999〜』でオリコン1位を獲得。



同7月、当時ライバルとして挙げられていた鈴木あみ(現:鈴木亜美)との同日発売シングル首位獲得競争(浜崎『Boys & Girls』vs鈴木『BE TOGETHER』)は熾烈を極め、初登場週は鈴木が1位、浜崎が2位となったものの、2週目は浜崎が抜き返し1位に、3週目も1位を獲得した。この『Boys & Girls』と10thシングル『A』がミリオンセラーを記録し、同年NHK紅白歌合戦に初出場。



2000年夏には初めてのコンサートツアー(第一幕、第二幕と題し全国を二巡する)に挑むも、左耳の疾患(内耳性突発難聴)により一部公演を延期。のちに左耳の聴覚が弱くなる後遺症を負ったことを公表している。この頃からマスコミなどで「女子高生のカリスマ」と呼ばれ始め、彼女のファッションや奇抜な行動は女子中学生、女子高校生を中心に多大なる影響を及ぼし、ファッションリーダーとしてネイルアート・大きなサングラス・ヒョウ柄などの流行を生み出す社会現象となった。  





2000年〜2003年 頂点 −レコ大三連覇−

2000年11月、全日本有線放送大賞でグランプリを受賞。以降、2001年と2002年のALL JAPANリクエストアワード、2003年のベストヒット歌謡祭でもグランプリを受賞し、4連覇を達成している。 2000年12月13日発売の19thシングル『M』では初の作曲を手がけ(『CREA』名義)、ミリオンセラーを記録する。また初のカウントダウンライブも開催。以来毎年の恒例となっている。



2001年3月28日、ベストアルバム『A BEST』を発売。 宇多田ヒカルの2ndアルバム『Distance』との同日発売が注目を集めたものの初動・累計ともに宇多田に敗れる。結果的にはどちらも400万枚以上の売り上げを記録した。 同年夏には、女性ソロ歌手としては安室奈美恵以来2人目となる東京・大阪・名古屋・福岡の4大ドームツアーを行った(札幌は完成直後の為、除外)。 同年秋にはアルバムの発売が延期されたとの情報で所属レコード会社エイベックスの株価が下落するなど、エイベックスの看板歌手としての側面も注目されるようになった。また、一時は同社の売り上げの4割を占めたこともあり、同社の経営体質の弱点として「あゆ依存」という言葉も生まれた。



この年の末に24thシングル『Dearest』で日本レコード大賞受賞。 以降2002年に『Voyage』、2003年に『No way to say』で史上初の3連覇を果たす。



2002年7月に発売した27thシングル『H』が、日本のシングルCD売り上げが全体的に低迷した同年において唯一のシングルでのミリオンセラーを記録した(オリコン・日本レコード協会では2002年度チャートでミリオンセラーを記録したが、プラネット・サウンドスキャンでは集計期間の関係上などから2002年度チャートではミリオンセラーを記録できなかった)。



2002年秋にはシングル28thシングル『Voyage』の発売に合わせて短編映画「月に沈む」(監督:行定勲)が公開(後にDVDとして発売)。歌手デビュー以来初めて女優業を行う。2002年10月、初のレギュラー番組「ayu ready?」がスタートする(2004年3月終了)。 ファッションリーダーとしての活躍も顕著であり、ベストジーニストやネイルクイーンでは殿堂入りも果たしている。





2004年〜現在 松浦氏解任騒動、そして現在

2004年7月28日、エイベックスを退社した松浦勝人が立ち上げる予定の新会社に移籍する考えを明らかにしたが、松浦の復帰によりそれは免れた(→エイベックス参照)。 しかしこのお家騒動を理由に、同年の日本レコード大賞など一連の賞レースを辞退し、以後賞レースからは距離を置く様になる。



同年以降、爆発的なヒットはないものの、CDシングルは30万枚前後と安定したセールスを保っていたが2005年末から2006年初頭に発売された38th『Bold & Delicious/Pride』、39th『Startin'/Born To Be...』の両シングル(両作ともSWEETBOXとのコラボレーション)では、アルバムの先行シングルであったこと、一般受けの悪さなどの要因もあって累計15万枚程度にまでセールスを落とす。



2006年6月21日に発売された『BLUE BIRD』では売上を初動16万枚にまで回復したものの、ジャケットが3種類あることや、2種類のメイキング映像をそれぞれDVDに別収録する等の手法には疑問の声も上がっている。それと同時にソロ歌手および女性ボーカルでは史上初のシングル総売上2000万枚を達成する(ちなみに、総売上2000万枚を達成しているのは他にB'z、サザンオールスターズ、Mr.Children、SMAPの4組のみ)。





概要

名字の「浜崎」の正しい読み方は「はまざき」ではなく「はまさき」である。圧倒的に九州地方に多い名字である。

家族構成は、母一人子一人。祖母は彼女のデビュー直前に亡くなっている。小学校5年生の3月に、同じ福岡市内を転居した。

犬(小型犬)好きとしても有名でチワワ、ミニチュアダックスフンドなどを飼っている。仕事場に連れてくるのはもちろん2005年のツアーでは、MC中にステージに登場したこともある。

バンドメンバーには、ギタリストに『よっちゃん』こと野村義男(マネージャーがよっちゃんファン)、ベーシストに元バービーボーイズのENRIQUE(エンリケ)がいる。

好きなアーティストは、サザンオールスターズ、マドンナ、中森明菜、松田聖子など。

ミュージックステーションで桑田佳祐と共演した際には、浜崎はかなりの緊張であった。Ayu ready?での鵠沼・海の家企画で、浜崎は呼びたいゲストに桑田を希望したが実現はしなかった。テレビでは、チャコの海岸物語や東京などのカヴァーを披露している。

浜崎の作品やライブ・パフォーマンスは、マドンナの影響を大きく受けている。

デビュー以来、浜崎あゆみのオリジナル曲は全て自身で作詞している。ほとんどの歌詞は日本語。不得手の英語は使わないと宣言していたが、2002年のアルバム『RAINBOW』以降は英語詞を含めたものも発表している。

また曲のタイトルは、「Hana」、「kanariya」、「HANABI」が日本語であるほかは、英語不使用宣言中も全て英語を使っている。(ただし「Voyage」は本来、フランス語なら『ヴォワイヤージュ』、英語読みなら『ヴォイージ』であるが、ローマ字読みで『ヴォヤージュ』と読ませている。)

パチスロ「吉宗」の姫BIGで流れる歌「そこにあるかもしれない…」を歌っているのは浜崎あゆみではなく尼崎まゆみという歌手である。

CNNのTalkasiaの英語のインタビューでは短い時間ではあったが英語を披露している。

過去のプロモーションビデオのインタビューにおいては「フランス人に生まれたかった」と言っている。



主な記録

(2006年7月現在)





売上記録

CDシングル

首位獲得数:27作 (歴代2位、女性ソロ歴代1位)

TOP10入り:38作 (女性ソロ歴代1位)

総売上枚数:約2001万枚

(2000万枚突破は史上5組目、ソロ歌手および女性ボーカル歴代1位)

CDアルバム (ミニアルバム含む)

首位獲得数:11作 (女性アーティスト歴代4位)

8年連続首位獲得 (歴代2位タイ)

ミリオンセラー:8作 (女性アーティスト歴代2位)

(以上オリコンチャートによる)





受賞記録

主なものを抜粋。



音楽賞

日本レコード大賞

大賞 (2001年,2002年,2003年)

日本ゴールドディスク大賞

アーティスト・オブ・ザイヤー (2001年,2002年,2004年)

日本有線大賞

大賞 (2001年,2002年)

全日本有線放送大賞→ALL JAPANリクエストアワード→ベストヒット歌謡祭

グランプリ (2000年,2001年,2002年,2003年)

※但し、2002年以降はポップス部門

その他

紅白歌合戦連続出場:7回 (1999年〜)

ベストドレッサー賞 (2000年)

ベストジーニスト

一般選出部門 (2000年,2001年,2003年〜2005年)

※木村拓哉、草彅剛に続いて3人目、女性では初の殿堂入り。

ネイルクイーン (2001年〜2003年)

※殿堂入り。

他多数。



通常シングル

1st 1998年4月8日 poker face 8cmCD

2nd 1998年6月10日 YOU 8cmCD

3rd 1998年8月5日 Trust 8cmCD

4th 1998年10月7日 For My Dear... 8cmCD

5th 1998年12月9日 Depend on you 8cmCD

6th 1999年2月10日 WHATEVER 8cmCD

7th 1999年4月14日 LOVE 〜Destiny〜/LOVE 〜since 1999〜 8cmCD

8th 1999年5月12日 TO BE 8cmCD

9th 1999年7月14日 Boys & Girls 12cmCD

10th 1999年8月11日 A 12cmCD

11th 1999年11月10日 appears 12cmCD (30万枚限定)

12th 1999年12月8日 kanariya 12cmCD (30万枚限定)

13th 2000年2月9日 Fly high 12cmCD (30万枚限定)

14th 2000年4月26日 vogue 12cmCD

15th 2000年5月17日 Far away 12cmCD

16th 2000年6月7日 SEASONS 12cmCD

17th 2000年9月27日 SURREAL 12cmCD (初回生産限定)

18th 2000年11月1日 AUDIENCE 12cmCD (30万枚限定)

19th 2000年12月13日 M 12cmCD

20th 2001年1月31日 evolution 12cmCD

21st 2001年3月7日 NEVER EVER 12cmCD

22nd 2001年5月16日 Endless sorrow 12cmCD

23rd 2001年7月11日 UNITE! 12cmCD

24th 2001年9月27日 Dearest 12cmCD

25th 2002年3月6日 Daybreak 12cmCD (30万枚限定)

26th 2002年4月24日 Free & Easy 12cmCD (CCCD)

27th 2002年7月24日 H 12cmCD (CCCD)

28th 2002年9月26日 Voyage 12cmCD (CCCD)

29th 2003年7月9日 & 12cmCD (CCCD)

30th 2003年8月20日 forgiveness 12cmCD (CCCD)

31st 2003年11月6日 No way to say 12cmCD (CCCD)

32nd 2004年3月31日 Moments 12cmCD (CCCD) CD+DVD

33rd 2004年7月28日 INSPIRE 12cmCD (CCCD) CD+DVD

34th 2004年9月29日 CAROLS 12cmCD CD+DVD SACD DVD-Audio

35th 2005年4月20日 STEP you/is this LOVE? 12cmCD CD+DVD

36th 2005年8月3日 fairyland 12cmCD CD+DVD

37th 2005年9月14日 HEAVEN 12cmCD CD+DVD

38th 2005年11月30日 Bold & Delicious/Pride 12cmCD CD+DVD

39th 2006年3月8日 Startin'/Born To Be... 12cmCD CD+DVD

40th 2006年6月21日 BLUE BIRD 12cmCD CD+DVD



オリジナルアルバム

1st 1999年1月1日 A Song for ×× CD

2nd 1999年11月10日 LOVEppears CD

3rd 2000年9月27日 Duty CD

4th 2002年1月1日 I am... CD

5th 2002年12月18日 RAINBOW CD (CCCD) DVD-Audio

6th 2004年12月15日 MY STORY CD DVD-Audio CD+DVD SACD

7th 2006年1月1日 (miss)understood CD CD+DVD

8th 2006年11月29日 Secret CD CD+DVD



リミックスアルバム

1999年3月17日 ayu-mi-x

2000年2月16日 SUPER EUROBEAT presents ayu-ro mix

2000年3月8日 ayu-mi-x II version US+EU

2000年3月8日 ayu-mi-x II version Acoustic Orchestra

2000年3月8日 ayu-mi-x II version JPN

2000年3月29日 ayu-mi-x II version Non-Stop Mega Mix

2001年2月28日 ayu-mi-x III Acoustic Orchestra Version

2001年2月28日 ayu-mi-x III Non-Stop Mega Mix Version

2001年9月27日 SUPER EUROBEAT presents ayu-ro mix 2

2001年9月27日 Cyber TRANCE presents ayu trance

2002年3月20日 ayu-mi-x 4 + selection Acoustic Orchestra Version

2002年3月20日 ayu-mi-x 4 + selection Non-Stop Mega Mix Version

2002年9月26日 Cyber TRANCE presents ayu trance 2 CCCD

2003年9月25日 ayumi hamasaki RMX WORKS from SUPER EUROBEAT presents ayu-ro mix 3 CCCD

2003年9月25日 ayumi hamasaki RMX WORKS from ayu-mi-x 5 non stop mega mix CCCD 

2003年9月25日 ayumi hamasaki RMX WORKS from Cyber TRANCE presents ayu TRANCE 3 CCCD 

2005年3月24日 MY STORY Classical









すごすぎーーーーーーーーー!!

これからも目が離せないよ!
浜崎あゆみ | - | -